アリババの上場は香港証券取引所にとっては干天の慈雨だ。写真は11月26日の同社上場記念式典(ロイター/アフロ)

11月26日、中国で電子商取引最大手のアリババ集団は香港証券取引所に株式を上場した。アリババは新株5億株の発行で110億米ドルを調達し、時価総額は5090億ドルでアジア最大となった。長期にわたる反政府デモで香港の金融センターの地位が揺らぐ中、アリババの大型株式上場は、短期的に香港市場の安定へ寄与すると同時に、長期的には対米金融戦への布石ともみられる。

実は、今回はアリババにとって2度目の香港上場だ。2007年に同社のBtoB業務のみをアリババドットコムとして上場したものの、株価低迷などにより12年に上場廃止した。

その後にグループ全体での再上場を検討したが、香港証券取引所はアリババが発行する複数議決権株を認めなかったため、米ニューヨーク市場への上場に切り替えた。今回の上場はニューヨーク市場との重複上場となる。つまり、アリババの米国株と香港株は、一定の規則に基づき相互交換が可能だ。