私たちは重要なニュースを毎年何万と見落としている。そのようにして見過ごされてきた出来事の中で今年最重要のものが、仏リヨンで行われた10月の会議だ。この場で政府、企業、慈善団体の代表は「グローバルファンド」に140億ドル(約1.5兆円)の拠出を誓約した。

このグローバルファンドは、正式名称を「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」という。設立は2002年。ちょうどエイズ禍がピークに達し、アフリカをズタズタにしていた頃だ。当時、国連ではアナン事務総長が「ミレニアム開発目標」を掲げ、貧困や疾病の削減を世界に訴えていた。こうした目標実現に向けて立ち上げられたのが、当初「世界基金」と略称されたこのファンドである。

ファンドはそれまでの国連基金と違い、官民協力が軸となっている。ビル&メリンダ・ゲイツ財団のような慈善組織をも巻き込んだ新しいタイプの多国間枠組みだ。