新設・改装時に病院に合った医療機器を提案・納入できるのが強み。打ち合わせから納入まで3年かかることも。(提供:レオクラン)

【上場日(市場)】2019年10月2日(東証2部)
 【設立】2001年1月12日
 【本社所在地】大阪府摂津市千里丘
 【代表者(年齢)】杉田昭吾社長(66)
 【事業内容】医療機関向けに医療機器・医療設備を販売するメディカルトータルソリューションが主力。遠隔画像診断サービスや介護・福祉施設向けの給食サービスも展開
 【売上高】361億円
 【営業利益】11億9000万円(19年9月期)
 【公開価格】2700円
 【直近株価】3550円(12月3日)

医療現場では欠かせない、多種多様な医療機器。MRI(磁気共鳴断層撮影)装置やCT(コンピューター断層撮影)装置、エコー(超音波画像診断)装置などを取り扱う専門商社が、10月2日に東証2部に上場したレオクランだ。

「社名のレオはライオン、クランは一族郎党。農耕型の医療消耗品ではなく、狩猟型の営業を展開している」。杉田昭吾社長(66)は力を込めてそう語る。

杉田昭吾社長(撮影:尾形文繁)