貧困の実態を内部から活写
自助努力が処方箋なのか?
評者/東洋英和女学院大学客員教授 中岡 望

『ポバティー・サファリ イギリス最下層の怒り』ダレン・マクガーヴェイ 著/山田 文 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

[Profile]Darren McGarvey/スコットランドのグラスゴー南部にあるポロックに育つ。作家、コラムニスト、ラッパーであり、社会問題へのコメンテーターとしてメディアにも出演。本書は初の著書で、2017年に刊行されるやサンデー・タイムズ紙ベストセラーリストのトップ10入りを果たした。

貧困は世界が直面する深刻な問題である。今年のノーベル経済学賞は、世界の貧困問題を解決する実践的な手法を研究する3人の経済学者に与えられた。貧富の格差は拡大し、もはや放置できない水準にまで達している。

貧困を巡ってはさまざまな調査や研究が行われてきた。あたかも、サファリ・パークで野生動物を遠くから見るように貧困を外から観察し、分析するものであった。著者は、自らが経験してきた貧困の実態を、その内部から赤裸々に描き出している。

日本では貧困はなかなか可視化されないが、欧米では貧困にあえぐ下層階級は特定の貧民街に集中し、「郵便番号は社会階級を示す目印」となっている。また貧困の問題はコミュニティの問題であると同時に階級の問題でもある。著者はスコットランドのグラスゴーにあるポロックという労働者階級が住む町で崩壊家庭に生まれる。本書は、貧困の中で育ち、18歳でホームレスになり、やがて貧困から脱し、作家や社会問題を論じる評論家として自立した著者の「悲惨な回顧録」である。

著者は「貧困は生まれたその日から人の人生を決める決定的な要因」になり、「一部の人にとって貧困は、そこから逃れようと最善を尽くしても飲み込まれてしまう流砂」だと、その逃れがたい状況を説明する。貧困に生まれた若者は自信喪失に陥り、アルコールやドラッグによって現実から逃避し、「自分のことを欠陥品や不良品だと思い込む」。著者も重度の鬱病、双極性障害、統合失調症を経験。「びびっていることを悟られないように、ぼくはしきりにボトルから酒を飲んだ。でも恐ろしくてしかたなかった。恐ろしかったのは自分の無力感だ」と、貧困の時代の自分を振り返る。