未上場段階で時価総額10億ドルを超える企業。それら高成長企業は「ユニコーン」と呼ばれている。政府をはじめとして、日本でも経済成長の原動力として期待が高い。

しかし、そのユニコーンの旗色が悪い。楽天は11月、米国のライドシェア大手リフトへの投資損失として1000億円強を計上。リフトのライバルであるウーバー・テクノロジーズ社の株価も上場時の7割程度と低迷している。

ソフトバンクの出資先であるシェアオフィス運営会社ウィーカンパニーにも暗雲が垂れ込める。ウィー社の時価総額は一時5兆円まで上昇していたが、現在は1兆円に満たないレベルまで暴落。ソフトバンクはウィー社含めて1兆円の投資損失を計上した。