グループを率いる越智社長(右)は、成長のための完全子会社化だと強調した

4918億円もの巨費を投じる大型TOB(株式公開買い付け)だ。国内最大の総合化学グループである三菱ケミカルホールディングス(HD)が、傘下の上場子会社、田辺三菱製薬を完全子会社化し、上場廃止にする。現在の出資比率は56%だが、来年1月までに残りの全株をTOBで取得する。発表前株価の5割増しで買い付ける。

田辺三菱は、2007年に田辺製薬と、三菱ケミカルHD傘下の三菱ウェルファーマが合併して誕生した。18年度売上高は4247億円。国内販売額が業界6位の中堅で、三菱ケミカルグループのヘルスケア部門の柱を担っている。

「デジタルや生化学などの技術進化が激しく、医薬やヘルスケアのビジネスはこれから大きく変わる。グループの力を結集し、将来の成長につなげたい」。11月18日の記者会見で、三菱ケミカルHDの越智仁社長は、完全子会社化する理由をそう説明した。