東大の総資産は1.4兆円。当然赤門も保有資産だ(撮影:今井康一)

海外のトップ大学では、資産運用の成果を、研究費の捻出や学費負担の軽減につなげている。では、東京大学の場合はどうか。

2018年度の財務諸表を見ると経常収益(収入)は運営費交付金が762億円と費用の3割程度となっている。受託研究費と共同研究費の総額は、470億円と柱の1つである。ただ利息収入などの財務収益は10億円程度と少ない。このほかに東大基金の運用益があるが、18年度の運用益は2.4億円にとどまっている。