国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか(デービッド・アトキンソン 著/講談社+α新書/900円+税/254ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile] David Atkinson/1965年英国生まれ。小西美術工芸社社長。元ゴールドマン・サックス金融調査室長。オックスフォード大学日本学科卒業。92年ゴールドマン・サックス入社、2006年に共同出資者となるが07年退社。09年小西美術工芸社取締役就任、14年から現職。

本書の「中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか」というサブタイトルは非常に刺激的で、早くも各所で物議を醸している。

著者のデービッド・アトキンソン氏は、英オックスフォード大学で日本学を専攻し、米ゴールドマン・サックスの経済アナリストとして、1997年からの金融危機とその後の銀行大再編を予測して名をはせた、「伝説のアナリスト」である。

今は、縁あって文化財修復最大手の小西美術工芸社の社長として活躍する。またゴールドマン退社後も、日本経済ウォッチャーとして、日本を救うための数々の提言を行ってきた。

その著者が、先進国中最下位にある日本の生産性を高めるための具体的な方法を示したのが本書である。