維新のまとめ役として活躍し、3年前に初めて国会議員になった。カメラマンのリクエストに応じてポーズを取ったが、照れたような様子を見せた。参院議員会館の自室で(撮影:尾形文繁)

EU(欧州連合)離脱問題で揺れる英議会下院が11月6日に解散となり、12月12日に総選挙が実施される。解散の2カ月前の9月上旬、日本維新の会政務調査会長の浅田均(あさだ・ひとし 参議院議員)は、政界を引退した維新の元代表の橋下徹と2人で、EU本部のあるベルギー・ブリュッセルとロンドンに出かけた。

維新の出発点は2010年4月の大阪維新の会の結成である。以来、浅田は橋下、現代表の松井一郎(大阪府議会議員、大阪府知事を経て現大阪市長)と並んで「維新の3本柱」と呼ばれてきた。「党の顔で牽引車」の橋下、「政治力と交渉力」の松井、「理念と政策」の浅田という組み合わせだった。

浅田は政界入りの前、米スタンフォード大学留学やパリのOECD(経済協力開発機構)日本政府代表部の専門調査員、OECD勤務の経験があり、ヨーロッパの情勢に明るく、英語とフランス語を使いこなす。橋下と海外視察に出かけるのも初めてではなかった。

「EU離脱への関心ですよ。EU本部と英国議会の議員を取材した。狙いは間接民主主義と直接民主主義の関係。僕らは大阪都構想で投票後のシナリオを約束して住民投票に臨んだが、向こうは『離脱かどうか』のみの国民投票だったから混乱を極めている。僕らのやり方が正しいんやと思った」

浅田は説明した。現地調査ではパリ在住時代からの知識と人脈をフルに活用したと思われる。