中央大の国際情報学部の市ヶ谷田町キャンパス。IT系オフィスのよう(撮影:梅谷秀司)

AI社会の到来を見据えて、国は義務教育の段階から、STEM教育(科学、技術、工学、数学を統合した教育)を重視する方針を打ち出している。そうした社会の変化の中で、これまで理数系教育が軽視されてきた大学の文系学部・学科でも、数学やデータサイエンスの科目をカリキュラムに配置し、文理融合型人材の育成を標榜するところが出てきている。

中央大学が今年開設した国際情報学部もその1つ。一般入試の科目が英語と国語のみの文系学部だ。「情報の仕組み(IT)」と「情報の法学」を学ぶことを柱に据えており、文理融合型の人材の育成を目指している。では、なぜITと法律の組み合わせなのか。

これからの社会は、AIやIoT(モノのインターネット)の進展によって、例えば「自動運転車が事故を起こした場合、誰の責任になるのか」など、最新の技術が絡んだ社会課題が次々に発生すると予想される。

「こうした課題の解決は、ITと法学、片方の知識やスキルだけでは不可能。最先端のテクノロジーを有益な形で利用するための社会的なルールを提案できる人材を育成する」と平野晋学部長は語る。