地方を中心に元気な工業大学が少なくない。そのいくつかを紹介していこう。

大学の名称からトヨタ自動車の技術者を養成する機関かと思われることもあるのが豊田工業大学だ。

しかし、それは正確ではない。卒業生には、ホンダや日産自動車の技術者になった者もいる。総合商社、情報通信やインフラ関連に就職した者もいる。ただ大学では、トヨタの技術、生産管理、経営方式を学ぶことができる。

豊田工大では、入学時にものづくりのメンタリティーを培う教育を行う。例えば1年生は全寮制で、自炊生活をする。工学部の齋藤和也教授は、「料理は工学に通じる。ものを作って人に喜んでもらうという意味では工学の基本であり、学生に身に付けてほしいこと。寮生活ではさまざまな問題点を見つけ、お金をかけずに効率的に解決させるようにしている。企業の生産ラインに入って働くことも必修としており、ものづくりの大変さを体験させている」と語る。

パワーアシストロボットの研究に精を出す、豊田工業大学の学生

創造性を育む

2年生までは工学の基礎として機械、電子情報、物質などさまざまな分野を学ぶ。企業が、垣根を越えた幅広い知識や技術を持った人材を求めているからだ。3年生になると主専攻に分かれ、企業の技術開発の現場でも実習を行う。

豊田工大は「創造性開発」を重視したカリキュラムを整備し、例えば、創造性開発セミナーでは、赤、青、黄色の3色のビー玉を色ごとに分ける機械を作るといった実習を行う。センサーによる識別など、学生は工夫を凝らす。「こうした実習の中ですばらしいアイデアが生まれるかもしれない」。齋藤教授は学生に期待する。

そして、「今の学生は企業に入っても指示待ちで自分から何かを始めない。それが日本の工学の力を弱めているし、イノベーションが生まれない。課題発見能力、創造力を身に付けた硬派系学生を育てたい」(齋藤教授)と力説する。