順天堂大の会見。昨年は謝罪や釈明に追われる医学部が相次いだ(撮影:今井康一)

昨年、東京医科大学で明らかになり、世の中に衝撃を与えた不正入試。その後の文部科学省による調査により、同大以外に9の大学で女子学生や浪人生を不利に扱い、同窓生子女を逆に有利に扱ったことなどが判明した。

各大学とも改善に努めているが、2019年の入試は、どのような結果となったのだろうか。

下表のように、人気のバロメーターともいえる志願者数は、いくつかの大学で減少した。東京医科大は2579人減少。入試が不適切だと指摘された聖マリアンナ医科大学や金沢医科大学、兵庫医科大学などの減少幅も大きかった。