京都大学の山中伸弥教授はiPS細胞の臨床応用を目指している(撮影:風間仁一郎)

研究力が高い日本の大学といえば、旧帝国大学をはじめとする上位有名国立大学だろう。ここでは、論文がどれだけ引用されているか、すなわち「被引用数」を研究力の指標とする。

米国の学術情報調査機関であるクラリベイト・アナリティクス社は、被引用数の多い論文を毎年調査し、結果を発表している。同社が定める22の研究分野ごとに、被引用数が世界の上位1%に入る論文を「高被引用論文」と定義し、その論文本数で国別、研究機関別に順位を出している。さらに、被引用数が世界の上位1%の研究者を「高被引用研究者(HCR:Highly Cited Researchers)」とし、研究者の名前も公表している。

下表は、「高被引用論文」の本数で見た、日本の研究機関上位20だ。そのうち国立大学が12校。旧帝大と東京工業大学、筑波大学、岡山大学、神戸大学、広島大学が名を連ねる。東京大学の論文本数が抜きんでているのがわかる。