ヤフー、LINEの経営統合の動きに最も衝撃を受けたのは、「メルペイ」を展開するメルカリだったかもしれない(撮影:尾形文繁)

巨額還元キャンペーンが過熱し、スマートフォン決済参入各社の利用者・加盟店獲得争いは激化の一途だ。この様相を一変させる破壊力を持つのが、18日に正式発表されると報じられている「PayPay(ペイペイ)」「LINE Pay(LINEペイ)」の運営元であるヤフー(ソフトバンクグループ傘下)、LINEの経営統合だ。

多くのスマホ決済事業者は独自の囲い込み策を講じる一方、それぞれの不得意分野を補うために提携関係も積極的に築いてきた。そうした中、最大手にして唯一の「単独路線」を貫いてきたのがペイペイだった。ただ、総力戦の様相を呈するスマホ決済市場では1つの企業グループで戦い抜くにも限界もある。ペイペイがいつ、誰と組み、どう動くのか。業界各社の注目が集まっていた。

ヤフーとLINEの経営統合は2020年中に実施される見通し。スマホ決済サービスにおいては、それぞれに開拓した顧客基盤を最大限に生かすため、当面はブランドを併存させ、まずはシステムなどバックエンドの仕組みを共有する形で運営効率化を図るとみられる。

サービスの統合をせずとも、創出できるシナジーはほかにもある。全国で加盟店開拓・サポートを担っている営業網の共有、還元キャンペーンの連動企画やポイントの連携などが挙げられるだろう。

親密だった「LINEペイ」と「メルペイ」

ペイペイ、LINEペイの新展開に最も衝撃を受けたのは、フリーマーケットアプリを展開するメルカリの「メルペイ」ではないだろうか。本連載の第2回「PayPay」+「LINE Pay」の破壊力でも触れたとおり、メルペイはLINEペイと親密な連携を取ってきたからだ。