AIで雇用喪失は杞憂だが疎外、所得偏在は加速か
評者/BNPパリバ証券経済調査本部長 河野龍太郎

『AI時代の労働の哲学』稲葉振一郎 著(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

[Profile]いなば・しんいちろう/1963年生まれ。一橋大学社会学部卒業。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学。岡山大学経済学部助教授などを経て明治学院大学社会学部教授。専門は社会哲学。『銀河帝国は必要か?』『「新自由主義」の妖怪』『ナウシカ解読』など著書多数。

近年、AIが人間の仕事を奪うという懸念が先進国で広がっている。例外は労働力の減少が進む日本だ。AIも外国人労働も大歓迎の雰囲気だが、頭脳労働も代替可能というから、一度じっくり考える必要がある。

本書は、19世紀の産業革命後に誕生したわれわれの労働観を含めて、AIがいかなる変化をもたらすのか、気鋭の社会学者が論じたものだ。ヘーゲルやマルクスなど産業革命期の思想を手掛かりに、大きな見取り図を提示する。

類書と異なるのは、労働疎外の問題を掘り下げている点だ。そもそも労働には、苦役と、創造や生き甲斐という人間固有の輝かしい二面性がある。機械で代替できることは任せ、単調な労働から解放された人間は、創造的な仕事に打ち込めばよいはずだ。

残念ながら、雇い主への服従を余儀なくされる官僚制、管理社会といった問題は、AIによってその傾向がむしろ強まるという。近代以前の人による支配を避けるための代償が法や市場、組織などによる非人格的支配だったが、AIではそれがより貫徹される。

機械が人を代替するという主張は、産業革命以降、幾度も繰り返されてきた。自動車の出現で、確かに馬車を操る御者は失職したが、ガソリンスタンドや修理工場などで新たな仕事が生まれた。AIも同じで、生産性上昇によって局所的に失業が発生しても、生産性上昇を背景に、際限のない人間の欲望が新たな需要を生み出し、経済全体では雇用が失われることはない。

近年のAIの強みは試行錯誤の繰り返しで、人間の創造性を模倣する点にあり、イノベーションにも活用可能だ。