首里城(沖縄県那覇市)が焼失した。〈沖縄県警によると、(10月)31日午前2時50分ごろ、那覇市の首里城で「正殿で火災が起きている。黒煙が上がっている」と消防から110番通報があった。那覇署によると、首里城の正殿、北殿、南殿が全焼。正殿前にある御庭に入る入り口の「奉神門(ほうしんもん)」や、南殿に隣接する「書院」にも燃え広がった。消防が最初に現場に到着した際には、正殿に向かって左手の方から炎が上がっていたという。/那覇署や市消防局によると、火災は出火から11時間近く経った午後1時半に鎮火した〉(10月31日「朝日新聞デジタル」)。

首里城は、沖縄県民のみならず日本と全世界に住む沖縄人(ウチナーンチュ)にとって沖縄の象徴であり、沖縄人を統合する象徴でもある。筆者の父は東京出身だが、母は沖縄の久米島(那覇の西約100キロメートルにある離島)出身の沖縄人だ。筆者は日本人と沖縄人の複合アイデンティティーを持っているが、どちらか1つを選べと言われたら沖縄人を選ぶ。首里城焼失についても、沖縄人がどのような感情を抱いているかが皮膚感覚でわかる。

琉球新報の11月1日付社説が、首里城に対する沖縄人の意識を的確に表現している。〈琉球王国の歴史そのものである首里城は、国王の居城として政治・文化の中心だった。正殿には「舟楫(しゅうしゅう)をもって万国の津梁(しんりょう)となし、異産至宝(いさんしほう)は十方刹(じっぽうさつ)に充満せり」と刻まれた「万国津梁の鐘」を掲げ、独立した国としてアジア各地へ繰り出す外交・貿易の拠点であった。/近代以降は王国の崩壊とともに苦難の歴史をたどった。1879年に松田道之琉球処分官が日本陸軍熊本鎮台分遣隊の一個中隊を伴い首里城に入城し、国王を追放して日本軍の駐屯地として占拠した。/1925年に国宝となったものの、沖縄戦で第32軍の司令部壕が地下に設けられたことで米軍の砲撃にさらされ、国宝は灰燼に帰した〉。