「ラストチャンス! 店内全商品が50円!」──。

10月31日、ファストファッション大手「フォーエバー21」の東京・渋谷の店舗は、異様な熱気に包まれていた。

米国本社の経営破綻を受け、同日をもって日本から撤退することになったため、各店舗では衣服やアクセサリーが、ただ同然で投げ売りされた。旗艦店の1つである渋谷店にも、顧客が殺到。さばききれない顧客の数に店員もお手上げだったのか、床に散らばった商品を誰も整頓しようとしない。混乱のまま、予定より早い正午すぎに店はシャッターを下ろした。

韓国系米国人のドン・チャン氏が1984年に創業したフォーエバー21。「100ドルで全身コーディネートができる」とうたい、低価格のトレンド商品を売りにして2000年代に躍進した。09年に日本へ上陸した際は、「黒船の襲来」と注目された。

だが、勢いは長く続かなかった。フォーエバー21の日本上陸に携わったリテールビジネス研究所・飯嶋薫代表は「12~13年ごろにチャン氏の娘たちが商品施策を担うようになって以降、商品構成をレディースに特化させすぎてしまい、ファミリー世代などに顧客層を拡大できなかった」と指摘する。

ここ数年は、数百円からの激安品をそろえたアイルランド発の「プライマーク」が台頭するなど競争も激化。売り上げが苦戦する中で各国の一等地に出した店の家賃がのしかかり、経営はお手上げ状態となった。「安さは必ず、安さに凌駕される。より低価格の新興勢力に押された」(飯嶋代表)。

フォーエバー21は米国本社の経営破綻で日本から完全撤退した