中国ではほぼすべての店で使用可能なアリペイだが、外国人には使い勝手が悪かった

11月5日、中国の代表的なモバイルペイメントサービスのアリペイ(支付宝)が外国人も簡単に使えるプリペイド式サービスを開始した。「現金を持ち歩く必要がない」といわれるほど広く普及した中国のモバイル決済がグローバル化する端緒になるか、注目される。

アリペイの誕生は2004年。加入者は12億人、18年の取引総額は日本円で300兆円を超える。通常はスマートフォン(以下スマホ)にアプリをダウンロードし、銀行口座から資金を移して各種の支払いに使う。中国では業種を問わずほぼすべての店で使用可能なほか、タクシーや地下鉄、バスなどの交通機関、ウェブ上の買い物やホテルの予約などでも使える。

中でもシェア自転車やタクシー配車アプリ、フードデリバリーなど中国で普及するサービスはモバイル決済が事実上のスタンダードになっており、中国に住所を持たない外国人はこれらのサービスが利用しにくく「一種の外国人差別だ」との声すらあった。