たむら・しんいち 1949年生まれ。78年東京大学大学院修了、藤沢薬品工業(現アステラス製薬)入社。米バイオ大手の日本法人社長の後、90年そーせいグループを設立し社長。2016年に会長となるも、19年1月会長兼務で社長に復帰。(撮影:今井康一)
2期連続の赤字に陥り、今年1月、2年半ぶりに田村眞一会長が社長に復帰したそーせいグループ。2019年度中間(1〜6月)期は黒字化するなど業績改善は急だ。名物創業経営者はどのような戦略を取っているのか、目指すバイオベンチャー像は何かを聞いた。

──社長復帰したのはなぜですか。

3年前に外国人社長に私の後継を任せたが、コースを誤った。臨床試験(治験)第2相、第3相まで自社開発し、付加価値を上げる路線を取った。

製薬では開発、とりわけ後期治験に金がかかる。大きな研究開発費をかけるなどしたが、当社の体力を考えるとやりすぎだった。失敗すると当社などは倒れてしまう。日本の投資家・株主の支持を得られず、株価が下がってしまった。会社をつくった責任もあるので、老骨にむち打ってきちんとした見通しがつくまでやることにした。

──復帰後の業績改善は急です。どんなことをしているのですか。