伊藤忠商事は非資源分野が堅調で、今上期時点で三菱商事の純利益を上回った(撮影:梅谷秀司)

総合商社2位の伊藤忠商事の社内が活気づいている。

「今こそ過信・慢心を戒め原点回帰が必要なとき。共にONE ITOCHU となってトップを目指そう」──。業界トップである三菱商事が2019年度中間決算を発表した11月6日、伊藤忠の岡藤正広会長CEO(最高経営責任者)は全社員にそうメッセージを発した。

11月1日に伊藤忠が発表した中間決算の純利益は、前年同期比12%増の2891億円。一方の三菱商事は21.6%減の2424億円。折り返し点ながら、伊藤忠が約470億円上回っており、総合商社トップの純利益を稼ぎ出した。

伊藤忠は、高値で推移した鉄鉱石価格の恩恵で金属事業が好調だったことに加え、機械事業の収益改善なども効いた。ほかの商社に比べて石油や銅の資源事業の割合が小さく、国内事業が強いことが業績の伸長につながった格好だ。