イノベーターズⅠ・Ⅱ 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史(ウォルター・アイザックソン 著/講談社/各2400円+税/Ⅰ449ページ、Ⅱ424ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
[Profile] Walter Isaacson/1952年生まれ。ジャーナリスト・伝記作家。米ハーバード大学を経て、英オックスフォード大学で修士号取得。英サンデータイムズ、米『TIME』編集長を経て2001年からCNNのCEO。アスペン研究所特別研究員。テュレーン大学歴史学教授。

著者のウォルター・アイザックソンは評伝の名手だ。これまでにもアインシュタイン、スティーブ・ジョブズ、レオナルド・ダ・ヴィンチといった歴史に名を残す天才たちの生涯を、独自の視点から描き出してきた。

しかし本書は、これまでの彼の作品とは一味違う。何といっても登場人物が220人を超えるというスケール感だ。チューリング、ENIACでのプログラミングを扱った6人の理系女性、アラン・ケイ、ショックレー半導体研究所を抜け出した8人の反逆者、ティム・バーナーズ・リーなど。多種多様な生きざまをつなぎ合わせて見えてくるのは、コンピューターがいかにして今日までの発展を遂げたのかというデジタル革命史である。