「突然で誠に申し訳ございませんが、国家のエネルギーを支える大きな役割と使命を担っている関西電力の原子力事業本部におきまして、40年を超える長年にわたり大きな不正が行われていました。この手紙は、それを内部告発するものです」

「福井から原発を止める裁判の会」代表を務める中嶌哲演氏の元に1通の手紙が届いたのは、今年6月のことだった。40年以上にわたり反原発の運動に関わってきた中嶌氏にとっても、そこに書かれた内容は、にわかには信じがたいものだったという。

中嶌氏が受け取った封書には4通の告発文の写しが同封されていた。そのうちの3通は、関西電力の岩根茂樹社長に宛てたもので、2019年3月10日と記された文書には次のような記述があった。

岩根社長宛てに送られた、事情を知る関係者による告発文

「よもや知らないとは申されまい、吉田開発に端を発する原子力事業本部における一連の不祥事についてであります。吉田開発の脱税、森山氏に対する利益供与だけであれば、国税の査察も入り、既に解決・安堵されているやも知れません。しかし、残念ながら、問題は、そこに留まりません」

「関電良くし隊」と称する差出人が記した同文書は、関電の協力会社への発注工事費の一部が関電の首脳や原子力事業本部などの幹部に還流されていると指摘。

そのうえで差出人は岩根社長に対して、金品を受け取った幹部の地位剥奪や、「裏」の世界との決別などを要求。そして、「もしもこの提案に対する回答を無視、あるいはもみ消し工作するようであれば、把握している限りの情報を、関電の筆頭株主である大阪市の松井一郎市長やマスメディアなどに公表する」などと警告していた。