「東京モーターショー(TMS)2019」が11月4日に閉幕した。2年に1度開かれる国内最大の自動車展示会は今年、大きく装いを変えた。自動車と2輪車に加え、ドローンや電動キックボードなど新しいモビリティーを積極的に取り込んだ。子どもを呼び込もうと「キッザニア」と連携。「未来の暮らし」や「未来の街」の展示エリアもつくられた。

背景にはTMSの長期低迷がある。1991年に200万人を超えた来場者数は、前回の17年に77万人まで落ち込んだ。米国のゼネラル・モーターズやフォード・モーター、ドイツのフォルクスワーゲン、BMWも参加していない。10年以上前からTMSは「曲がり角を迎えている」といわれながら抜本的な変革はなされなかった。そこに今年、変革の風を吹かせたのが、日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)だ。

「販売促進の手段としてのモーターショーの意味合いはかなり薄れてきた」と認めたうえで、「モデルチェンジしていかなければ、ジリ貧のままTMS自体が終わってしまう」と、コンセプトを大きく変えたのだ。