インテリジェンスの世界に「中立化」という言葉がある。敵対する人物の敵対行動がやむこと、具体的には殺害だ。殺害という言葉が持つ暴力的な響きを嫌うために中立化と言い換えられる。米国のトランプ大統領がイスラム教スンナ派系過激派「イスラム国」(IS)のアブバクル・バグダディ最高指導者の中立化に成功した。〈トランプ米大統領は(10月)27日、ホワイトハウスで演説し、米軍特殊部隊がシリア北西部で作戦を実施した結果、過激派組織「イスラム国」(IS)の最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者が死亡したと発表した。住居に踏み込んだ特殊部隊から逃げようとしたバグダディ容疑者がトンネルに逃げ込み、自爆用ベストを爆発させたという。/トランプ氏は、「米軍特殊部隊が危険で大胆な夜間の急襲作戦を実行し、任務を完遂した。世界はずっと安全になった」と成果を強調した。現場でDNA型検査を行い、バグダディ容疑者だと確認したという。また、作戦の時間は約2時間で、米軍部隊の犠牲者はなく、多数のIS戦闘員らが死亡したという〉(10月27日「朝日新聞デジタル」)。トランプ氏は口汚い言葉でバグダディを罵った。〈会見では「(バグダディ容疑者は)犬のように死んだ。世界は今、はるかに安全な場所になった」と語った〉(10月28日「ロイター」)。

バグダディは1971年、イラクで生まれた。イスラム教スンナ派系過激派「アルカイダ」系のテロ組織などで活動後、2010年ごろに「イラクのイスラム国」の最高指導者になる。米国のオバマ大統領(当時)の指示により、11年5月2日に「アルカイダ」の最高指導者オサマ・ビンラディンがパキスタンで中立化された際、バグダディは報復を宣言し、反米テロ活動を強めた。13年4月にシリア「アルカイダ」系の「ヌスラ戦線」と合同し、組織名を「イラクとシリアのイスラム国」(ISIL)に改称した。14年6月にシリアとイラクにまたがる「イスラム国」の成立を宣言し、イスラム世界の最高指導者であるカリフを自称するようになった。〈ISは外国人らを人質にとり、斬首して殺害する映像を公開するなどし、世界に衝撃を与えた。/15年には会社経営者の湯川遥菜さんと、フリージャーナリストの後藤健二さんを殺害した〉(前掲「朝日新聞デジタル」)。