(撮影:今井康一)

[ 経費率 ]

「営業経費/業務粗利益×100」で算出。値が低いほうが、より少ない経費で、より多くの粗利益を稼いでいる。各行が中期経営計画で重要指標に掲げる

銀行業界は大変革期を迎えている。低金利が長期化する中、中核である預貸業務が縮小。既存業務の見直しが急務だ。

各社の損益計算書(PL)からはその変化への対応力を読み取ることができる。ポイントは経費率だ。粗利益に占める営業経費の比率を指し、低いほうが効率的な経営をしていることを示す。

みずほフィナンシャルグループ(FG)の2019年3月期決算を見ると、業務純益は4083億円。ほかの2メガバンクが業務純益で1兆円超を稼ぐ中、大きく見劣りする。みずほの経費率は、79%と圧倒的に高い。