ビジネスホテルの東横インは飲食サービスをビュッフェ形式の朝食などにほぼ限っている(撮影:尾形文繁)

[ RevPAR(1室当たり売上高) ]

「平均客室単価×稼働率」で算出。ホテルの収益力を測る指標で、これに客室数を掛ければ、1日当たりの総売上高がわかる。単価と稼働率は反比例する傾向にある

[ 食材費 ]

宴会・婚礼の機能も持つフルサービス型の名門ホテルは食材費がかさむ。宿泊特化型のビジネスホテルは、近年のように旺盛な宿泊需要の下では利益を出しやすい

訪日外国人客の爆発的増加を背景に、日本中でホテルの開業ラッシュが続く。厚生労働省によると、2018年の客室数は5年前から約8万室増え、160万室を超えた(旅館含む)。

一口にホテルといっても、歴史の長い名門ホテルから、出張客が中心のビジネスホテルまで多種多様だ。そんなホテル業界でとくに重視されている業績指標が、RevPAR(1室当たり売上高、レブパー)である。「平均客室単価×稼働率」で算出される。

RevPARに客室数を掛けると、各ホテルの1日当たり総売上高がわかる。下表のハイアット リージェンシー 大阪とリゾナーレ八ヶ岳の1日当たり総売上高はそれぞれ569万円、530万円。一見すると同等の実力を持つが、ハイアットの客室数は480室で、リゾナーレの3倍弱と多い。

規模の異なるホテルを比較するには、1室当たりの指標を確認することが重要だ。ただし、平均客室単価は実際に販売できた客室の実績だけを基に算出されるので、単価が高すぎて空室だらけのホテルであっても、高い数値が出てくる場合がある。