1965年にカーネギーホールで行われた復帰コンサート。ホロヴィッツの12年ぶりの帰還に聴衆は熱狂(©Don Hunstein/Sony Music Entertainment)

目もくらむような超絶技巧とオーケストラにも匹敵する大音量によって20世紀のクラシック界を席巻したピアニスト、ウラディミール・ホロヴィッツ(1903〜89)が11月5日に没後30年を迎える。

伝説の始まりは28年1月12日、米ニューヨーク・カーネギーホールで行われた米国デビューコンサートだった。チャイコフスキーの『ピアノ協奏曲第1番』で共演するのは、同じくこの日が米国デビューとなる英国人トーマス・ビーチャム指揮ニューヨーク・フィルハーモニック。事前の打ち合わせと違う遅いテンポにいら立ったホロヴィッツは第3楽章で爆発、指揮者を置き去りにテンポを上げ、オーケストラをリードして走り去るような演奏をした。翌日の新聞に「草原から湧き上がった竜巻」という見出しで紹介された無名のロシア人は、一夜にしてスーパースターの座を手に入れたのだ。まさにアメリカンドリームの実現だ。