10月16日、2020年東京五輪のマラソンと競歩をめぐり、国際オリンピック委員会(IOC)が暑さ対策として、会場を東京から札幌に移す計画を発表した。小池百合子東京都知事は、どうもこの情報を最終段階で知らされたようで、機嫌を悪くした。こういったことは政治の世界で時々ある。小池氏はその鬱憤を、奇妙な方向で晴らした。

10月17日、東京都内で開かれた連合東京の大会の来賓あいさつで小池氏は、開催場所の変更計画を北方領土問題と結び付ける奇妙な提案をした。〈(小池氏は)「涼しいところでというのなら、『北方領土でやったらどうか』くらいなことを連合から声を上げていただいたらと思うわけです」とも発言。さらに「ロシアのプーチン大統領と親しい総理や森(喜朗・大会組織委員会)会長でいらっしゃるから、『平和の祭典を北方領土でどうだ』ということぐらい、呼びかけてみるのはありかと思います」と述べた〉(10月17日「朝日新聞デジタル」)。