グーグルのスンダー・ピチャイCEOが手を掛ける機械の中に量子コンピューターの小さなチップがある。周りはマイクロ波で量子を制御する大量の配線と、量子を安定させるための冷却装置で構成される

量子コンピューターが机上の空論ではないことが証明された。

米グーグルは10月23日、独自開発した量子コンピューターを使い、従来型コンピューターでは困難な問題を解く「量子超越性」を達成したと発表した。乱数をつくる計算問題を解くのに、最先端のスーパーコンピューターで約1万年かかるところ、グーグルの量子コンピューターは200秒で済んだという。同日付の英科学誌『ネイチャー』に論文が掲載された。

これまで量子コンピューターは理論上、特定の計算問題を解く性能が最先端のスパコンよりも高いと考えられてきた。今回、グーグルは初めて実験で量子コンピューターの優位性を証明した。実用化されれば、創薬や新素材開発のスピードが格段に上がると期待されている。

「ライト兄弟の初飛行のように大きな一歩だ」。グーグルの量子コンピューター研究グループでハードウェア開発を率いるユー・チェン氏は発表会見で胸を張った。国内の第一人者である東京大学先端科学技術研究センターの中村泰信教授は、「グーグルが解いたのは特殊な問題で、すぐに(世の中で)役立つわけではない。だが研究のマイルストーンとして非常に重要だ」と評する。

従来型コンピューターは、あらゆる情報を「0」と「1」で表し、これをビットと呼ぶ。一方、量子コンピューターは「重ね合わせ」という量子の物理現象を利用する。1つの量子ビットは「0でもあり1でもある」状態だ。これにより膨大な並列計算が可能になり、ある特定の計算問題で超高速の処理ができる。