今年は例年より多くの日本人や在日コリアンが北朝鮮を訪れたようだ。日本からの訪朝者数は年間300人程度だが、今年は500人を超えると旅行業界ではみられている。9月には数十人規模の団体客も複数、北朝鮮を訪れている。

今年9〜10月に訪朝した日本人らに聞くと、「経済状況は悪くなかった」と言う。ホテルなど施設の停電は皆無で、外食先の食事はメニューが豊富。商業施設では多くの人が買い物を楽しみ、商品も十分にあった。元山(ウォンサン)市や咸興(ハムン)市など地方都市に向かう際に通る幹線道路では、荷物を満載にしたトラックの通行量が増え、客であふれんばかりのバスとすれ違うことも多かったと口をそろえる。

もちろん、訪朝する外国人の行動は一定の制限を伴う。北朝鮮に都合のよい場所だけ見せていることもなくはない。さらに、米国主導の経済制裁はいまだ厳しいままで、2010年から回復傾向にあった北朝鮮経済は制裁の打撃を受けているとの見方は日本でも根強い。それでも訪朝者が見聞きした部分が、リアルな北朝鮮の一断面であるのは間違いない。