(イラスト:ソリマチアキラ)

2020年は東京オリンピック。ゴルフの日本代表選手は、直近2年間の世界ランキングポイント上位選手から選出されます。大会ごとの成績順でポイントが付与され、昨年7月から来年度6月末までの大会でカウントされます。現在日本代表選手枠は2名。もし世界ランキング15位以内であれば、最大4人まで出場できます。現在、畑岡奈紗プロと渋野日向子プロが上位を走っています。

さて、世界ランキングポイント獲得には、世界ランキング対象ツアーであることが条件。それには「年間10大会以上、3日間大会、賞金総額が7万ドル以上」をクリアしなければなりません。レギュラーツアーでは06年から、下部ツアーのステップ・アップ・ツアーでは、17年からポイントが付与されるようになりました。