いわさき・たかはる 1966年生まれ。慶応義塾大学卒業後、89年4月に三菱商事入社。99年ライフコーポレーション入社、2001年専務取締役、06年に代表取締役社長兼COO(最高執行責任者)に就任。(撮影:梅谷秀司)
台風直撃など天候不順の影響で販売に苦しむスーパー業界。その中で首都圏と近畿圏で集中展開するライフコーポレーションは新施策を打ち出し、販売堅調を続ける。三菱商事出身の岩崎高治社長に、現在の状況と今後の方針を聞いた。

──アマゾンジャパンと組み、生鮮品や総菜をライフ店舗から宅配するサービスを始めています。

ネットで買い物をしたいという顧客ニーズがあると考え、数年前から自社でネットスーパーを展開してきた。今は60店舗弱まで広がり、2018年度売上高は約30億円と2桁の伸びを見せている。

今回はアマゾンジャパンと提携し、アマゾンの有料会員向けに商品を届ける宅配サービスを9月から始めた。最短2時間で配送できるアマゾンの配送網を活用している。ライフのことを知らなかった顧客を開拓する狙いがある。

──現在の状況は?