効果測定やターゲティングの技術革新で、デジタル広告はマーケターの積年の課題について解決の糸口を見つけてきた。そんなデジタルの躍進に目を奪われがちだが、近年はテレビCMの進化も著しい。中でも注目すべきは、2018年2月に日本テレビ放送網が始めたASS(アドバンス・スポット・セールス)だ。

これまでテレビのスポットCM枠は、GRP(グロス・レーティング・ポイント)という取引指標で売買されてきた。視聴率を足し合わせたものだ。視聴率10%の番組に2回、20%の番組に1回CMを流すと、GRPは10×2回+20×1回で40ポイント。このGRPに「パーコスト」を掛け合わせてテレビCM枠の額が決まる。パーコストが10万円だと、40GRP発注するのに必要なコストは400万円だ。