中国メディアは軍事パレードの実況中継で新型ICBMのDF-41に焦点を合わせた(新華社/アフロ)

10月1日、中華人民共和国の建国70周年を祝う式典の様子を中国メディアは大々的に実況中継した。今回の記念式典にはいくつかの特徴が見られる。まず、習近平国家主席の「重要講話」が非常に短かった。内容も挑発的な表現を避けている。

9月3日に、中央党校において習近平氏が行った「重要講話」では、58回も「闘争」という言葉が用いられたが、式典における講話では、その言葉が使用されなかった。また、台湾問題に関しても、「海峡両岸関係の平和発展を推進する」と述べるにとどめた。

一方で、「社会主義中国は世界の東方に巍然(ぎぜん)とそびえ立ち、いかなる勢力もわれわれの偉大な祖国の地位を揺るがすことも、中国人民および中華民族の前進の歩みを止めることもできない」とうたい上げた。この部分こそ、中国共産党が国民に対して訴えたかったメッセージだろう。