環境に配慮する米ホテルの取り組みが議論を呼んでいる(AP/アフロ)

秋は米サンフランシスコやシリコンバレーで、テクノロジー関連の会議が多く開催される時期だ。海外や全米から参加者が集まり、どこのホテルも満室になることも多い。

サンフランシスコ市内でそうした会議に参加した際に、路上でビラを受け取った。「マリオット・ホテルのグリーンプログラムには協力しないで」という内容だ。

ビラを作ったのは同ホテルの従業員で、明らかに多くの人々が集まる機会を狙っての配布だ。それにしても、ホテルのグリーンプログラムに反対せよと従業員が訴えるとはどういうことなのか。