ふじわら・こうじ 1961年生まれ。早稲田大学商学部卒業。85年旧第一勧業銀行入行。みずほフィナンシャルグループIR部長、取締役兼執行役常務企画グループ長を経て、2017年4月から現職。(撮影:山内信也)
過去2度のシステム障害を経験したみずほ銀行。開発本格化から8年、計9回に及ぶ週末のオンラインサービス休止を経て、勘定系システムを移行した。新システムを武器にみずほはどう変わるのか。藤原弘治頭取に聞いた。

──システム移行はみずほにどんなメリットを生みますか。

実現する機能は4つある。サービス提供力の強化、安定性向上、コスト削減、ペーパーレス化だ。

新システムは外部サービスとの接続が容易だ。LINE銀行のように、スタートアップやベンチャー、IT企業、クラウドともつながりやすい。接続の柔軟性と即効性は過去のシステムとは違うレベルにある。みずほはサービス向上のスピードで他社に先行できる。

──今後、銀行のサービスはどう変わっていくのでしょうか。