社員の摂取カロリーや栄養の傾向をデータで把握し、メニュー作りに生かしている

社員の健康面のケアに力を入れる動きは、IT・ネット企業で顕著だ。成長産業であり激務になりやすい、一日中パソコンに向かうエンジニアの比率が高いなどの理由もある。楽天、DeNAなど、社員の心身の健康施策を統括する役員を置く企業も増えてきた。

Zホールディングス(ヤフー)も2016年、現在のオフィスへの移転をきっかけにCCO(チーフ・コンディショニング・オフィサー)を設置し、健康経営を強化している。