人口が歴史的事象を左右、今後も社会に大きな影響
評者・立正大学教授 高橋美由紀

『人口で語る世界史』ポール・モーランド 著/渡会圭子 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile] Paul Morland/英オックスフォード大学で哲学、政治、経済の学士号、国際関係論の修士号を取得。ロンドン大学で博士号取得、同大バークベック・カレッジの准研究員。英独の市民権を持ち、フランス語も堪能という多文化的な背景を持つ。本書は初の一般向け著書で8カ国で出版された。

歴史上の出来事は、人口数・人口の年齢構成・性比・宗教別および民族別人口の割合と大きく関わってきた。例えば、米国参戦後の第1次世界大戦における西部戦線では、米国から次々に兵士が送られてくる可能性がドイツ兵の戦意を低下させた。軍事技術に大差がなければ、数が戦争の勝敗を決定した。

この200年間に人口学的に根本的な変化が生じ、地球上の人口を急速に増加させた。本書が1800年以降を中心に扱うのは、その変化を明らかにするためだ。そして、「人口動向と地球の運命はこれからも互いにかかわり続ける」。

著者は必ずしも人口決定論者ではない。社会に若者が多い場合には犯罪が増えると述べた後に、その反例も示す。ただ、国際的にも国内的にも「人口数やその構成」による社会への影響は看過できない。

産業革命以降にマルサスの罠(人口増による食料不足が貧困や死亡を招く)から解き放たれた英国は人口増加と経済発展により世界を席巻した。また、今世紀半ばには、米国の白人が国内人口数の半分を切ると予測され、そのような社会ではトランプ氏が大統領に選ばれることはない。

人口数や人口構成を決定するのは、「人口学的方程式」(本書ではこの用語は用いられていない)と「人口転換」だ。

人口学的方程式とは、人口の増減=(出生数から死亡数を引いた自然増加)+(移入数から移出数を引いた社会増加)で表される。人口転換とは、歴史的に粗死亡率の低下が生じ、その後粗出生率の低下が生じることを指す。地域により生じるタイミングが異なるが、ほとんどの地域が経験する事象で、女性の高学歴化が進むと出生率は下がる。

著者は、高齢者が増える未来を予測しながらも、世界人口の増加速度は落ち、イノベーションによって環境に優しい社会が出現する可能性や、将来の科学技術の進歩によって人口学的にも未知の世界が生み出される可能性について言及している。

孤独死など日本での最近の事例も交えながら、人口学の基本概念と社会との関係が、一般読者にも分かりやすく書かれている。人口統計の話をしながらも、図表をほとんど用いていないのも、読みやすさを考慮したためだろう。ただし、本書の「完結出生児数」は、人口学の用語としては「コーホート合計特殊出生率」ととらえたほうがよい。

およそ予測と名の付くものはなかなか当たらないが、人口予測は比較的精度が高い。今後の社会を考えるうえでも、一読をお勧めしたい。