まつもと・かずや 音声表現コンサルタント・ナレーター。1991年、NHKにアナウンサーとして入局。2016年から株式会社マツモトメソッド代表取締役。

経営者は決算発表や株主総会でどう話せばいいのか、というご相談を数多く受けます。特殊なケースですが、企業にお勤めの方なら無関係とはいえない、IR(投資家向け広報)の現場での伝え方のポイントをご紹介します。

IRの現場で最も大切なのは、「経営・財務状況、業績、今後の見通しなどについて、株主や投資家にしっかりと納得してもらうこと」です。そして伝える側の本音としては、自分が話すことで株価を下げたくない、できれば株を買い増ししてほしい、株価を高くしたい、ということになるでしょう。

ところが、私が聞いた決算発表の大半は「株価を下げたくない」話し方で、「株価を上げる」話し方ではなかったと言わざるをえません。とにかくミスがないように、株主から突っ込まれないように、客観的な情報を伝えればそれで十分。そんな伝え方です。気持ちはわかるのですが、それだけではもったいない。私はいつも、今後の経営について株主や投資家に明るい希望が湧くような決算発表にしてもいいのでは、と提案しています。そのキーワードは「もてなしの心=ホスピタリティー」です。