ハイズ社長 医師・医学博士 裴 英洙(はい・えいしゅ)金沢大学第一外科(現・心肺・総合外科)、市中病院勤務などを経て、慶応ビジネス・スクールで医療政策・病院経営について学ぶ。現在は臨床業務と医療機関の経営支援、医学アドバイザー業務などを行っている。著書に『一流の睡眠』など多数。(撮影:尾形文繁)

「睡眠こそ最強のビジネススキルである」。医師で医療機関再生コンサルティング会社も経営する裴英洙(はいえいしゅ)氏はそう話す。その真意は?

優秀な人ほど眠りは短い

日本人は世界的に見て睡眠時間が短い。経済協力開発機構(OECD)が2014年に実施した国際比較調査(各国15〜64歳の男女の睡眠時間比較)によると、最長である南アフリカの9時間22分に比べ、日本人は男女ともに8時間未満。世界主要29カ国中でも韓国に次いで2番目に短い。17年に行われた総務省統計局の調査でも、全国の平均睡眠時間(土日を含む10歳以上の週平均)は7時間42分だった。

実際、外来患者として訪れるビジネスパーソンに私が医師として「よく眠れているか?」と尋ねると、多くの人から「寝不足で疲れが取れない」「眠気で仕事に集中できない」「寝つきが悪い」といった答えが返ってくる。

背景としては、優秀なビジネスパーソンほど仕事に追われ、睡眠時間を削らざるをえないといった環境が挙げられる。ネットの普及で「常時オンライン状態」になったので、時と場所を選ばずに仕事ができる。日常生活を振り返ってもスマートフォンやSNS(交流サイト)の浸透で生活の夜型化は進むばかりだ。