(出所)遠藤氏資料を基に本誌作成(イラスト:関 祐子)

❷ 腕が壁から離れないように、ひじを伸ばしたまま痛みを感じず上げられるところまで上げていく