社員用ラウンジや女性用化粧室などに体組成計・血圧計を設置

体組成計メーカーとして抜群の知名度を持つタニタ。最近は国内7カ所で展開している「タニタ食堂」でもよく知られている。「健康」をキーワードにすると、すぐに思い浮かぶような企業の1つだろう。

事業の基盤をつくったのは先代社長の谷田大輔氏だが、「健康」を前面に押し出して成長を加速させたのは2008年に社長に就任した谷田千里氏である。自ら調理師・栄養士免許を取得しているという谷田社長は、健康増進のうえで「体重と筋肉量の変化」が大きな役割を果たすことに着目。社員の健康増進とメタボゼロを目標とする「タニタ健康プログラム」を09年に開始した。

このプログラムは、体組成計と血圧計での計測、活動量計の配布とイベント実施、専門家による健康指導の3本柱からなる。