台風15号の影響により関東で最大93万軒の大規模停電が発生し、千葉県の全面復旧には2週間以上を要した。台風による大規模停電は、昨年9月の大阪(関西電力圏で240万軒)、11月の静岡(中部電力圏で180万軒)に続き、2年間で3件目だ。

いずれも最大瞬間風速が50メートルを超え、各地で観測史上の最高値を記録。大量の倒木による電線・電柱の破損が停電の主因となった。

千葉で今回目立ったのが復旧までの時間の長さだ。ピーク時から99%の停電が復旧するまでの時間は大阪約120時間、静岡約70時間に対し、約280時間と2倍以上。千葉県は前2回の地域に比べ、人家に近いところまで森林が広がる里山の色が濃い。それだけに倒木の数が一段と多く、復旧までの長期化につながったとみられる。