今回から数回は番外編として、2019年9月、外務省関連団体からの招待で、ロシア国内で講演、研修を行った際に訪れた地方都市の話をしよう。ロシア、それもモスクワやサンクトペテルブルクのような大都市ではなく、地方都市を回る機会はそうそうあるものではない。

今回の旅で最初に訪れたのが、ロシア連邦西部にあるカリーニングラード州の州都、カリーニングラードである。この地域はポーランドとリトアニアに囲まれた、ロシアの「飛び地」だ。バルト海に接する港湾都市で、人口は約44万人に上る。

ロシア西部の飛び地、カリーニングラード。ハンザ風の建物と水辺の調和が美しい(アフロ)

かつてケーニヒスベルクと呼ばれたこの街の歴史は、1255年ドイツ騎士団による街の建設から始まる。ハンザ同盟に所属して貿易都市として栄え、15世紀の初頭からはポーランド王国の従属地となるが、1701年プロイセン王国がこの地に建設され、ドイツの中心都市となっていく。哲学者のカント、数学者のオイラー、建築家のブルーノ・タウトなど、ドイツを代表する多くの学者、文化人がこの街に生まれている。