(撮影:尾形文繁)

トヨタ自動車が現場を大切にしてきた話は、枚挙にいとまがない。創業者の豊田喜一郎は、工場の2階に寝泊まりしていた。トヨタの創立記念日は、会社の登記日ではなく挙母(ころも)工場の竣工日である11月3日だ。

豊田章男もまた、徹底して現場を重視する。

某日、トヨタ副社長の河合満のスマートフォンに、LINEのメッセージが入った。章男からだ。

「ウチは大丈夫か?」

河合は、すぐに返事をした。

「大丈夫です」

翌週の月曜日、河合は各工場を見て回った。

「あれ、河合さん、何しに来たの?」

と聞かれた。河合はその週、山登りのために休暇を取っていた。

「いや、おまえたちがあの事件で動揺しているんじゃないかと思って、激励に来たんだよ」

と、彼は答えた。

「あの事件」とは、2017年9月、日産自動車の無資格検査の発覚である。