(STUDIO250 / PIXTA)

年齢を重ねるごとに、目立つようになるぽっこりおなか。周囲を見渡せば、みんなそれなりに「メタボ」だからと、見て見ぬふりをしていないだろうか。しかし「それは人生を半分捨てているようなもの」である。そう警告するのは、『内臓脂肪を落とす最強メソッド』の著者、池谷敏郎医師だ。自身も30代の頃は「ぽっこり体型」だったそうだが、50代の今は体脂肪率10%台とスリムな体に大変身。「40代、50代がいちばん体型に差が出る」と言う池谷医師から、ビジネスパーソンが取り組むべき、内臓脂肪の解消法を教えてもらった。

医師・医学博士 池谷敏郎(いけたに・としろう)池谷医院院長、医学博士。1962年生まれ、東京医科大学医学部卒業後、同大学病院第二内科に入局、血圧と動脈硬化について研究。専門は内科、循環器科。97年に池谷医院理事長兼院長に就任。現在も臨床現場に立つ。著書多数。(撮影:今 祥雄)

内臓脂肪はなぜ問題か

体重の増減に一喜一憂している人もいるが、問題は体重より、体脂肪がどれぐらいついているか。肥満には全身に満遍なく脂肪がつく「皮下脂肪型肥満」と、おなか周りを中心に脂肪がつく「内臓脂肪型肥満」がある。皮下脂肪型は女性に多く、腰から太ももにかけて脂肪がつく「洋梨型」体型になりやすい。一方の内臓脂肪型はおなかがぽっこりした「リンゴ型」体型で、男性に多く見られる。もちろん女性も、食事量と運動不足が過ぎると内臓脂肪がつく。男女とも、加齢とともに内臓脂肪がつきやすくなるのは間違いない。

また、内臓脂肪は胃や肝臓にベッタリついた脂肪だと思っている人が多いが、それは間違い。内臓脂肪とは、胃や腸の周りにある「腸間膜」(腸を固定する膜)に主に蓄積する脂肪のこと。おなかを断面図で見ると皮膚、皮下脂肪、腹筋、内臓脂肪の順に位置している。そのため内臓脂肪の増加に伴っておなかは脂肪で埋め尽くされ、ぽっこり前に出てしまうのだ。