週刊東洋経済 2019年10/19号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

経済成長のエンジンにブレーキがかかり、追い打ちをかけるように人口減少や高齢化が深刻化するこの国において、「健康」の2文字がより重要なキーワードになってきた。

バブル時代を謳歌し、失われた20年で辛酸をなめた中高年層。仕事や家庭を大切にし、自分の健康など二の次だった。ところが今や彼らも、健康こそ最も大きな意味を持つことに気づいた。当たり前だが、仕事の安定に必要なのは健康な体なのだ。

がん、糖尿病……。大病にかからないためには何をすべきか。さまざまな原因が指摘されるが、意外に知られていないことも多い。例えば、内臓脂肪だ。「ぽっこりおなか」の原因として知られているが、実は大病のリスクをはらむ厄介者である。これはちょっとした食生活の見直しや運動で改善することができる。諦めかけた体形の崩れ、大病のリスクを同時に解決したい。

パソコンとの格闘で1日を終えると、首や肩が重く感じる。腰も痛い。首や肩の痛み、腰痛は仕事の効率を低下させる。企業の損失にもつながるはずだ。そんな問題を少し意識を変えるだけで、好転させることができる。さらに不眠症や肌の老化についても問題点を探り、「今日からできる」改善策を紹介していくのがこの特集だ。

 

プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』の最新号を先読みできる
  • 1000冊以上の豊富なアーカイブを読める
  • 雑誌誌面のイメージでも記事を読める
  • 限定セミナーにご招待
業界地図
拡大する
『会社四季報 業界地図』2020年版

スポーツ・フィットネス

世界2強が突出、五輪効果取り込みが鍵

米ナイキ、独アディダスの2強体制が盤石。国内は少子高齢化が進み、野球やテニスといった球技は拡大が見込めない一方、ユニクロやワークマンなど異業種からの参入などにより競争は激しさを増している。フィットネス市場は健康志向の高まりを受け安定成長を続ける。従来からある総合型フィットネスクラブのニーズは若年層からシニア層のリハビリ、介護予防に移りつつある。