高級EVは派手なセールスを展開。写真はQiantu(前途)の上海・新天地のショールーム(撮影:田中信彦)

中国の自動車市場に、フル電動の高性能スポーツカーが次々と登場している。先鋭的なデザインや高い加速性能などを売りに都市部の若い富裕層などへの積極的な売り込みを図る。その背景には政府の新エネルギー車(電気自動車=EV、プラグインハイブリッド車、燃料電池車の総称)への補助金減額で市場の不透明感が増す中、趣味性、娯楽性の強いスポーツカーに活路を見いだしたいというメーカーの思惑がある。

2018年8月、発売されたQiantu(前途)K50は北京長城華冠汽車科技(CH-Auto、北京市。大手自動車メーカー「長城汽車」とは無関係)が開発、委託生産している。時速ゼロから100キロメートルまでの加速時間は4.6秒、最大航続可能距離は510キロメートルと発表されている。価格は約70万元(1元は約15円)で、国産車としては高いが、輸入のスポーツカーに比べれば安い。北京や上海などの超一等地に斬新なデザインのショールームを構えている。