ネット広告代理店から始まり、今や不動産査定サイト「リビンマッチ」でニーズに応える(提供:リビン・テクノロジーズ)

【上場日(市場)】2019年6月28日(東証マザーズ)
 【設立】2004年1月15日
 【本社所在地】東京都中央区日本橋堀留町
 【代表者(年齢)】川合大無社長(44)
 【事業内容】インターネット広告代理店としてスタート。現在はWebテクノロジーと不動産が融合した査定サイト「リビンマッチ」の企画・開発・運営を手がける
 【売上高】18億2500万円
 【営業利益】2億4400万円(18年9月期)
 【公開価格】3900円
 【直近株価】4525円(10月7日)

需要と供給がうまく合わないケースの多い不動産・住宅業界。そんなギャップを少しでも埋め、付加価値を提供できる企業として注目されているのが、6月28日に東証マザーズに上場したリビン・テクノロジーズだ。

同社は不動産・住宅に特化したネットマーケティングの会社である。創業したのは2004年で、当初はインターネットの広告代理店からスタートした。