まつもと・かずや 音声表現コンサルタント・ナレーター。1991年、NHKにアナウンサーとして入局。2016年から株式会社マツモトメソッド代表取締役。

プレゼンテーションで聞き手を「グッと引きつける」ために大切なこと。それは「間(ま)」を意識的につくり出し、積極的に活用することです。「間」というと、「話すときの間」と考えがちですが、動きやスライドの使い方でも同様に「間」の使いこなしが重要になります。今回はさまざまな「間」の活用法をご紹介しますね。

まずは、話し方から。とくにベンチャー企業やIT関係の方で多いのが、自社の優位性やビジョンなどを自信満々にしゃべりまくるもの。確かに聞き手を圧倒できるでしょう。ご自身も思う存分伝えられたと充実感を覚えるかもしれません。

でも、私としてはもったいないなあと思います。聞き手は話の内容を反すうしたり、経験と照らし合わせて「なるほど」と納得したりする時間を与えられず、結果、心の奥まで言葉が届かないことになるからです。それに何より、聞いていて疲れますよね。